カスタム&メンテナンス ひとり言 News

ハーレー・ダイナローライダーのエンジンオイル交換をしてみた!

更新日:

さあ、って事でエンジンオイルの交換をしてみた

自分で後で見直して思い出せるように、備忘録として記載してみた

だから「っで、何なんだよ?」ってのは、ご容赦くださいねww

 

前回の車検から約1年、頻繁に交換している人からすると

遅くね?

って言われるかもしれないけど

なかなか、色んな意味で余裕がなくて・・・すみませんww

前回のエンジンオイルの交換①

前回のエンジンオイルの交換②

DSC_0411

まずはジャッキアップ

エンジンオイルを交換するときは、車体を真っすぐにした方が、やり易いのでジャッキアップ

後輪を上げた方が、廃油の箱もスムーズに下に入るしね

あ、その前に5分程、暖気してからの方がオイルも温まって出やすくなる

DSC_0412

ちなみに、このバイク用のジャッキは、ヤフオクで手に入れたもの

ジャッキ2つを溶接で結びつけた、簡単な物だけど

これが、あるのとないのじゃ、作業効率が全然違うんだよ

DSC_0413

フレーム後方の平らな部分に、ジャッキを噛ませて少しづつ上げていく

DSC_0416

ほら、良い感じでしょ?ww

エンジンオイルはこれ

エンジンオイルは「レブテック」のSAE20W50

そして、廃油処理箱は必須

ちゃんと地域に合った、廃油処理をするのが大人ww

ちなみに、エンジンオイルは3リットル出て来るのに、廃油処理箱が何で2リットル用なんだ?!

って、ツッコミは無しでお願いします(笑)

DSC_0414

ジャッキアップの際は、ココに注意しよう

そうそう、早くジャッキアップしようと焦るのは禁物で

これが、大事

それは、前輪の固定!

DSC_0418

前輪の部分に角材噛ませるのもOKなんだけど

自分は、前輪ブレーキもインシュロックで固定した

念には念をいれて

エンジンオイルを抜く

DSC_0417

左サイドしたから覗くと、見える六角が入るボルトが見える

写真だと、右上の頭がコチラ側を向いているボルトだ

確か、5/8サイズだったと思う

 

ラチェットで反時計回りに回す

ん、んんー

結構、固めにねじ込んでるか?

 

少し周り始めたら、逆にボルトをねじ込んで、どの位の力で入っていたかを確認

本当はトルクレンチがあって、適正値で入れるのが一番なんだけど

そんなの持ってませんからww

 

半分くらい緩めたら、残りは手でボルトを外す

オイルが出始めたら、オイルのフィラーキャップを外す

すると、勢いよくオイルが出てくるのが分かる

DSC_0419

ドレンボルトをキレイにね

オイルが出切るのを待つ間に、ドレンボルトを清掃しよう!

DSC_0420

ボルトのネジ部分に残っている、ゴミなどを金属ブラシなどで除去

パーツクリーナーで、脱脂

変な傷がないか確認

ドレンを装着

再装着するときに使用するのが、これ

Oリングと、スレッドシーラント

DSC_0415

まずは、ゴムでできているOリングを交換する

これは、人によって傷がなければ再使用する人もいるようだけど

確か100円位だと思うので、自分は毎回交換するようにしてます

 

ちなみに、某ショップでエンジンオイルの交換を依頼した時、このOリングを付けないで交換された事がある

またスレッドシーラントのような漏れを防ぐ薬剤を使わないショップもあるようだ

自分でオイル交換することで、そういった状態が分かるのはメリットだと感じる

DSC_0421

新しいOリングを装着し、スレッドシーラントを塗布する

こんな感じで大丈夫ですかね?

詳しい方、間違ってたら教えてください!

 

ドレンボルトを、先ほど体で覚えた力で再装着

その時、オイルパンの方もパーツクリーナーでキレイにね!

 

そして、オイル補充

確かローライダーは3リットル位だったと思うので、約2本半入れてみる

オイルフィラーキャップを差し込んで、オイル量をチェック

FULLの手前で、ちょうど半分くらいのオイル量かな!

 

これで、一応終了!

少し走ってから、再度オイル量を確認して、足りないようなら補充しよう

DSC_0422

廃オイルは、口をシッカリ閉じて、燃えるゴミへ

 

今回は、オイルフィルターを交換しないパターン

それは、今の所ショップにお任せしています

 

ハーレーには、今回紹介した「エンジンオイル」、「プライマリーオイル」、「ミッションオイル」の3種類がある

確かミッションオイル?プライマリーだったかな?

忘れたけど、クラッチケーブルを外さないと出来なかったような記憶がある

Pexels / Pixabay

 

そんな中、エンジンオイルに関しては、比較的簡単に自分でも交換できると感じる

面倒なことだけど、自分でやるメリットは大きい

自分の愛車を、自分で出来る範囲でメンテナンスすることで、色々な事が分かるからね!

今後もやっていくかな?!ww

 

群馬県伊勢崎市 バイク(ハーレー/アメリカン)クラブ Saint Forest M/C(セイントフォレスト)kenji

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【バイク買い取り専門ランキング】

 絶対に手放さない!一生バイクに乗り続ける!!そう思っていても、大切なバイクを手放さなくてはならない・・・そんな状況になる可能性もありますよね( ノД`)シクシク…

そんな時、試しに一度査定してもらってはどうでしょうか?!

バイク買取専門店【バイク王】

おススメポイント!動かなくなったバイク・事故後のバイク・車検切れのバイクでも買取OK!②有名なだけに一度に多くのバイクを扱うことで、流通コストカット!だから高価買取が可能!③電話一本で無料出張買取・査定OK!忙しくても365日・24時間対応してるから安心ですね!面倒な手続きとかも代行してくれる

バイク買取絶好調の【バイクBOON】

おススメポイント!①逆輸入車、大型車、外車、旧車、カスタム車の買取に力を入れているので高価査定!②買い取り金額は全額現金でお支払い・また諸費用一切無料!③全車種対応、国産、外国車、競技車両、ミニカー登録車両は勿論の事!他社で断れた車両や事故車や不動車でも買取可能!

【バイクワン】バイク買取

おススメポイント!①バイクワンはバイク買取専門店である以上、同業他社に必ず差をつけます。さらにカスタムバイクは特に高く買取!②バイク買取専門査定士による丁寧な対応で、買取証明書をその場で発行!③24時間365日年中無休でバイク買取専門オペレーター対応。もちろん全国無料出張買取!

1

Saint Forest M/Cキャンプページへようこそ!! ここではキャンプ【ミーティング】の魅力から、ちょっとしたアイテムの紹介&ノウハウまで公開 少しでもキャンプ【ミーティング】の魅力が分かって ...

-カスタム&メンテナンス, ひとり言, News
-, , , , ,

Copyright© Saint Forest Motorcycle Club , 2019 All Rights Reserved.