Index【ハーレー用語集】

hiroshihaijima / Pixabay

ハーレー&M/C&バイク&いろいろ 索引集

 

アルファベット

A B C D E F G H I J
K L M N O P Q R S T
U V W X Y Z

 

A

 

B

ビッグツイン・・・ハーレーのダイナ・ソフテイル・ツアラーもでるを指し、エンジンとミッションが別々なのが特徴

C

COLOR・・・カラーと呼ばれM/Cの看板の事。3ピースで構成されクラブ名・クラブロゴ・地名がベストの裏に配置されることが多い

CVO・・・ハーレーダビッドソンが制作する、究極のファクトリーカスタムモデルのことで、「ツインクールド ツインカム110」(排気量1,801cc)という最上位のエンジンを搭載

チョッパー・・・ハーレーのカスタムスタイルのひとつで、もともと「切る」という意味のチョップから由来がきています。ロングフォークなどが呼ばれることが多い

D

DYNA・・・ダイナ。ラバーマウント方式を採用し、バランサーを持たないツインカムエンジンを搭載している

DOUBLE CYLINDER・・・ハーレーダビッドソン初のVツインエンジンで1909年~1929年まで生産された。エンジンは810CCの排気量を持つ

DOG TAG・・・ドックタグと呼ばれ、プレートに名前や血液型・出身などが刻印され軍隊で使用されている。通常は2枚1組で身に着け、戦地で亡くなった場合1枚を戦友が家族に届ける

E

EVOLUTION・・・エボリューションと呼ばれ、1984年~1999年まで製造。ハーレー自身が初めてエンジンに名前を付けた。ヘッドの形状がブロックのようであったため、ブロックヘッドと酷評されたこともある

エンジンオイル・・・メーカー指定では8,000km毎に交換だが、都市部では3,000kmがおススメらしい

F

FXDL・・・ダイナローライダー

FXDB・・・ダイナストリートボブ

FXD・・・ダイナスーパーグライド

FXDC・・・ダイナスーパーグライドカスタム

FXDWG・・・ダイナワイドグライド

FXSTC・・・ソフテイルカスタム

FXST・・・ソフテイルスタンダード

FXSTB・・・ナイトトレイン

FXSTD・・・ソフテイルデュース

FLSTF・・・ファットボーイ

FLSTC・・・ヘリテイジ ソフテイルクラシック

FLSTN・・・ソフテイルデラックス

FLSTSC・・・ソフテイル スプリンガークラシック

FLHTCU・・・ウルトラクラシック エレクトラグライド

FLHT・・・エレクトラグライド スタンダード

FLHTC・・・エレクトラグライド クラシック

FLHX・・・ストリートグライド

FLHRC・・・ロードキング クラシック

FLHRS・・・ロードキング カスタム

FLHR・・・ロードキング

FLTR・・・ロードグライド

FLHTCU S/C・・・ウルトラクラシック エレクトラグライド サイドカー

FLAT HEAD・・・フラットヘッドと呼ばれ、1929年~1974年まで生産されたエンジン。別名ベビーツインとも呼ばれ、4本のカムシャフトをもつ

FLD・・・スイッチバック

FLS・・・ソフテイルスリム

FXSB・・・ブレイクアウト

G

 

H

Harley Davidson・・・1907年に「株式会社ハーレーダビッドソン モーターサイクル カンパニー」を設立。創業者は「アーサーダビッドソン」、「ウォルターダビッドソン」、「ウィリアムSハーレー」、「ウィリアムAダビッドソン」などで、この4人が居なければ、ハーレーは生まれていなかった

I

インジェクション・・・ガソリンと空気での混合気を作りだす吸気システムで、コンピューター制御でガソリンの量を調節する。スムーズな始動とクリーンな排出ガス、燃費の向上が可能となった

J

 

K

KNUCKLE HEAD・・・ナックルヘッドと呼ばれ、1936年~1947年まで生産されたエンジン

空気圧・・・タイヤの空気圧のこと。ローライダーの場合、搭乗者のみ(フロント207/リア248)、同乗者がいる場合(フロント207/リア276)が規定値

L

 

M

M/C[motorcycle club]・・・モーターサイクルクラブ・エムシーと呼ばれ、バイク、ハーレーの集団やチームの事。同じ価値観や志を持った人がメンバーに加入する

MEETING・・・ミーティング。その名のとおり本来は様々な人と出会う事で、年間を通じ全国で開催されるバイクのイベント。通常は2日間で行われることが多く、キャンプ道具や食材をバイクに積載しミーティング会場に向かい、旧友などとコミュニケーションを取る。Vibes meeting(バイブズミーティング)が大きなミーティングの一つで数万台のハーレーが集まる。毎年10月の3連休で開催されている

ミッションオイル・・・トランスミッションオイル・変速ギアの潤滑をつかさどる。32,000km毎の交換が基本

N

 

O

OHC・・・オーバーヘッドカム。ピストンの上にカムがあって、直接的にロッカーアームを動かす機構

P

PAN HEAD・・・パンヘッドと呼ばれ、1948年~1965年まで製造されたエンジン。ロッカーカバーの形状がパン(鍋)に似ていることからパンヘッドと呼ばれるようになった。

PRESIDENT・・・プレジデント。M/Cの会長・代表の事

プロスペクト・・・M/Cに正式メンバーになるための試用期間の事

プライマリーオイル・・・エンジンとミッションをつなぐプライマリーチェーンとクラッチ周りを潤滑しているオイル。16,000km毎に交換が基本

Q

 

R

ROAD CAPTAIN・・・ロード・キャプテン。M/Cでの旅行管理者の事だが、ツーリングにおいて先頭走る人が多い

 

S

SECRETARY・・・セクレタリー。M/Cでの書記の事

SERGEANT AT ARMS・・・サージェント・アット・アームズ。M/Cでの警務を担当

SOFTAIL・・・ソフテイル。リアサスペンションが無いように見えるフレームに、バランサー内臓のツインカムを搭載したシリーズ

SHOVEL HEAD・・・ショベルヘッドと呼ばれ、1966年~1984年まで製造された。ロッカーボックスの形状が建設用のショベルローダーに似ていることから、ショベルヘッドとよばれる。パンヘッドの腰下を使用したショベルヘッドをアーリーショベルと呼ぶ

スポーツスター・・・「ダート・トラック・レーサー」がルーツで、排気量883cc(パパサン)、1200ccがある。エンジンとミッションが一体で4カムが特徴

T

TC88・・・ツインカム88。1999年~2006年まで製造されたハーレーのエンジンの名称で、1450CCの排気量をもつ

TC96・・・ツインカム96。2007年に登場したハーレーのエンジンの名称で、1584CCの排気量をもつ

TC96B・・・上記のエンジンにバランサー(振動軽減機能)が付いたものでソフテイルに搭載されている

TREASURER・・・トレジャー。M/Cでの会計の事

U

 

V

VICE-PRESIDENT・・・バイスプレジデント。M/Cの副会長・副代表の事

VRSCDX・・・ナイトロッド スペシャル

VRSCF・・・V-Rod マッスル

W

 

X

XL1200CX・・・ロードスター

XL1200X フォーティーエイト

XL1200C・・・1200カスタム

XL1200V・・・セブンティーツー

XL1200T・・・スーパーロー1200T

XL883N・・・アイアン883

XL883L・・・スーパーロー

Y

 

Z

 

【バイク買い取り専門ランキング】

 絶対に手放さない!一生バイクに乗り続ける!!そう思っていても、大切なバイクを手放さなくてはならない・・・そんな状況になる可能性もありますよね( ノД`)シクシク…

そんな時、試しに一度査定してもらってはどうでしょうか?!

バイク買取専門店【バイク王】

おススメポイント!動かなくなったバイク・事故後のバイク・車検切れのバイクでも買取OK!②有名なだけに一度に多くのバイクを扱うことで、流通コストカット!だから高価買取が可能!③電話一本で無料出張買取・査定OK!忙しくても365日・24時間対応してるから安心ですね!面倒な手続きとかも代行してくれる

バイク買取絶好調の【バイクBOON】

おススメポイント!①逆輸入車、大型車、外車、旧車、カスタム車の買取に力を入れているので高価査定!②買い取り金額は全額現金でお支払い・また諸費用一切無料!③全車種対応、国産、外国車、競技車両、ミニカー登録車両は勿論の事!他社で断れた車両や事故車や不動車でも買取可能!

【バイクワン】バイク買取

おススメポイント!①バイクワンはバイク買取専門店である以上、同業他社に必ず差をつけます。さらにカスタムバイクは特に高く買取!②バイク買取専門査定士による丁寧な対応で、買取証明書をその場で発行!③24時間365日年中無休でバイク買取専門オペレーター対応。もちろん全国無料出張買取!

更新日:

Copyright© Saint Forest Motorcycle Club , 2017 AllRights Reserved.